« 30年目の奇跡 | トップページ | 冷蔵庫の怪 »

幸福の木の不幸

訳あり物件の片付けにも出かけます。

夜逃げの跡、自殺者の部屋、孤独死の現場・・・・・

ただ淡々とゴミや不用品を撤去し、原状回復作業を進めるのが我々の仕事です。

けっして幸せな生活を思い描けない現場の空間。

そんな中、ふと私の心に引っかかる物が目に付きます。

どうしてでしょうかね。 「幸福の木」がよくあるのです。

統計をとっている訳ではないので、

   ・似つかわしくない場所にその名前の木があるから目立つ

   ・本当にそういう家庭には多い

   ・単に私の思い込み

実際のところは分かりません。

そうそう、「銭のなる木」もよくあるんですよ。

鉢植えを売らんが為のネーミングでしょうかね。

悲惨な現場の「幸福の木」「銭のなる木」、虚しい光景です。

|

« 30年目の奇跡 | トップページ | 冷蔵庫の怪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の木の不幸:

« 30年目の奇跡 | トップページ | 冷蔵庫の怪 »